≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おたんこストーリー第2話 

otk1






第2話「謎の組織」





















ようやく状況を理解したおたんこ・・・











otk2-1








おたんこ「はっ!!早くお母さんを追いかけないと!!」





ε~(  *゚▽゚)





しかし二人の姿はどこにもありませんでした


otk2-2







おたんこ「どうしよう・・・」





おたんこが途方に暮れていると、





「ちょっといい?」





突然後ろから声をかけられた


otk2-3







ふりかえるとそこには怪しい人が立っていた





おたんこ「あなたは?」





にゅえ「あたいは機密情報機関の要員にゅえ。訳あってP.ecoを追ってるの」





おたんこ「!!!」
      「私のお母さんがその人に連れていかれたんです!!」


otk2-4







にゅえ「やっぱりそうだったのね・・・」





おたんこ「お母さんはどこに連れていかれたんですか!!」





にゅえ「それを今調べてるところなの。P.ecoは最近奴隷を増やして何かしようと企んでるようなの・・・」


otk2-5







おたんこ「お母さん・・・」





にゅえ「お母さんのことは私たちに任せて、あなたは家でおとなしくしてなさい。」





おたんこ「で、でも・・・」





にゅえ「素人がウロチョロしても敵の警戒心を強めるだけなの!」


otk2-6








おたんこ「・・・」





にゅえ「私は引き続き調査を進めるわ。くれぐれも変な考えを起こさないようにね。」





おたんこ「はい・・・」








謎の組織と接触したおたんこ。このあと一体どうするのか!3話へ続く(*'q')


otk2-7










※この物語はフィクションであり、実在する人物・地名・団体とはたぶん関係ありません。

この記事へのコメント

おたんこだ(*`・ω・)

おたんこはね

弓じゃなぃの(*'q')?
> るみみさま

おたんこはなんでもありだよ(*'q')
もう適当にやってるだろ・・・
表情で誤魔化そうったって、そうは行くか><
> のえさま

ばれた(*゚∇゚):;*.:;ブッ
おばか・・・
> ぽこやん

ヽ(・∀・)ノ
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

いちご

Author:いちご
サーバー:あんず

レベル:150

職業:キャプテン

ギルド:ぺこ子総業

現在はメカニック育成中(*`・ω・)

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。